岐阜のパーソナルトレーニングジムをおすすめ比較ランキングで紹介!【プライベートジムレッスンで効率的にボディメイク!】

パーソナルトレーニングジムで怪我をしてしまった場合はどうする?

パーソナルトレーニングジムでは、ハードな運動を行う場合が多いので、何かしらのアクシデントで怪我をしてしまう場合があります。

しっかりとした施設ならば、アクシデントが起こる可能性は低いですがゼロだとはいえません。

そのため怪我を不安に感じるのなら、もしものときの行動をきちんと考えておいて、適切な対処が行えるようになっておきましょう。

適切な対処が早く行えればトレーニングに復帰できるまでの期間を短くできます。

 

怪我をしてしまったのなら医療施設へ

パーソナルトレーニングジムに勤めるトレーナーは、人間の身体のことをきちんと勉強した方が多いです。

そのため正しい運動方法を教えてもらえるので、身体作りに関しては頼れるパートナーだといえます。

しかし、それは医学知識とは異なるため、怪我をしてしまったときに治療してもらうことはできません。

したがって怪我をしたのなら施設内での治療を考えず、医療施設で診察してもらうようにしましょう。

治療に関してはドクターがスペシャリストなので、自己治癒力で治せそうもないのなら、できるだけ早く受診をするべきです。

ちなみにトレーニング中にしそうな捻挫や打撲や外傷などは、形成外科で診てもらえます。

もしも、どの診療科に診てもらえばよいのか分からないのなら総合病院を利用しましょう。

そちらの受け付けに状態を話せば、適切な診療科を案内してくれるので安心です。

もちろん軽めの切り傷や擦り傷程度なら、大きな心配は要らないので医療施設を訪れなくてもよい場合が多いです。

パーソナルトレーニングジムにも、絆創膏や消毒液が置いてあるはずなので手当てしてもらえます。

 

怪我が怖いならしっかりと予防をしよう

パーソナルトレーニングジムで怪我をすることを怖いと感じるなら、きちんと予防をしてアクシデントが起きないようにしましょう。

そのために必要なのは調子が悪い時などは、きちんとトレーナーに伝えることです。

それなりの金額を支払って利用しているので、1分たりとも無駄にしたくないと考えるかもしれません。

そのため調子が悪くても何も伝えずに、いつもの練習メニューをこなそうとする方もいるでしょう。

それでは身体がいつもの負荷に耐えられなくなって、アクシデントが起こる確率が高くなります。

怪我はもちろんのこと、体力を消耗することにより、病気になる可能性もあるので気をつけましょう。

トレーナーに調子が悪いことを事前に伝えればアクシデントを防いでくれるのはもちろん、それに合わせたメニューを組んでくれます。

個人に合わせたレッスンをしてくれるのがパーソナルトレーニングジムなので、調子が悪いときは自身の身体に合わせてもらいましょう。

 

トレーニングの再開時期を考えよう

怪我をしてしまった場合、その箇所が完璧に治るまでは同じメニューでトレーニングを行うことはできません。

そのため治療をしてくれたドクターの許可をきちんともらってから、トレーニングを再開しましょう。

無理にトレーニングをしてしまうと癖になってしまい、同じところを故障しやすくなってしまいます。

早期の復帰が身体作りの道のりを長くすることもあるので、万全の体調を取り戻してから再開しましょう。

 

自身の調子をきちんとトレーナーに伝えていれば、パーソナルトレーニングジムで怪我をする確率はグンと下がります。

それでもアクシデントが起こってしまったのなら、医療施設を訪れて、専門のドクターに治療をしてもらうことが大切です。

現在ではスポーツ保険というものがあるため、怪我が怖いのなら加入することも考えましょう。

その保険は名前の通りスポーツで怪我をしたときに補償してもらえるもので、トレーニング中のアクシデントにもしっかりと対応しています。

月々の料金が1000円以内で加入ができ、当日から有効な保険もあるため気軽に利用できます。




サイト内検索